SHINYA
AOKI’S
BLOG

ヘアカラーで肌に透明感を?

267 views

顔にくすみが出ると疲れて見えたり、実年齢より老けて見えてしまったりしがちです。

 

そんな顔のくすみをカバーしようとして、ファンデーションを厚塗りすると、さらに老けて見えてしまう原因になりかねません。

 

そもそもくすみとは、肌に透明感がなくなって黒ずんで見えたり、明るさやツヤが感じられない状態の肌をいいます。

 

また、くすみの根本的な原因はシミやクマと同じですが、シミやクマが部分的なものに対して肌全体に及ぶのがくすみです。

 

そんな肌のくすみ対策として
紫外線くすみ対策のUVケア
乾燥くすみ対策の保湿ケア
青くすみに効く血行改善法
汚れくすみを改善するスキンケア
黄ぐすみを改善する食事や生活習慣

 

等がありますが、
ヘアカラーでも肌のくすみを感じさせなくされる事も出来るんです*

AI_IMG_7789_TP_V

年齢を重ねると肌から赤みが減り、肌のくすみを感じます。

 

そうなった時に、ヘアカラーの色味や色々な影響もありますが
ひとつ選択として、瞳の虹彩より 1〜2Lv位 暗くすると肌を明るく表現できます。

 

勿論、ヘアカラーの明るさを決める際にはデザインや髪質もありますので、ご参考として担当者と相談してみて下さい^^


関連記事